私たちの強み

ADVANTAGE

金庫づくりからスタートし、ロッカー・書庫・サッシづくりを通して培った板金技術とパーテーションづくりを通して培ったパネル技術をベースとした技術です。

基礎技術

金庫づくりからスタートし、ロッカー・書庫・サッシづくりを通して培った板金技術とパーテーションづくりを通して培ったパネル技術をベースとした技術です。

独自技術

環境にやさしいこれからの塗装

ゼロVOC不燃粉体焼付塗装

すべての製品に採用しているゼロVOC不燃粉体焼付塗装は、環境にやさしく厚く頑丈で剥がれにくい塗装です。有機溶剤を使用しないことによる環境性と汚れ・摩擦・衝撃に強く、耐薬品性も併せ持つ強い耐久性を備えています。また独自の技術で不燃化にも対応。

ウォール・ドアに必要な機能性だけでなく、環境性能をプラスしたこれからの塗装技術です。また、30年以上粉体焼付塗装を行ってきたノウハウによる、幅広いカラーバリエーションが特徴です。

壁面や扉がホワイトボードに変身

WBC粉体焼付塗装(超耐汚染粉体焼付塗装)

WBC粉体焼付塗装を施すことで、壁面や扉をホワイトボードのように利用することができます。空間の仕切りとしてだけでなく、コミュニケーションツールとしての新たな機能を追加し、学校へ豊かな教育環境や新しい職場環境の創造に貢献いたします。

また、ゼロVOC粉体焼付塗装を使用しているため環境性も持ち合わせています。

屋外で使用できる軽量建具誕生

高耐候性粉体焼付塗装

建具を屋外で使用した場合、気温差・湿度差・浮遊ガス・光の変化により年々表面塗装が劣化していきます。高耐候性粉体焼付塗装は、そういった屋外での条件に対し高い耐久性を持たせた塗装です。

また、光沢保持率が高いので、屋外で年数を経過しても経年劣化を感じさせにくいのが特徴です。これにより従来よりも軽い丈夫な外部軽量体育館シャトルドアが誕生しました。

促進耐候性比較データ

塗装で繊細な木目調を再現

ステンド粉体鋼板

粉体塗装をした鋼板に木目を転写することで、高い耐久性を持ちながら、あたたかみある空間を演出することができます。また、市販のプリント鋼板に比べ、プリント幅を大きくとれることも特徴です。

なお、木目のみならず様々な柄を扉面に焼付することが可能です。詳しくは、弊社までお問合せください。

標準バリエーション

  • チーク柄

  • タモ柄

  • アルダー柄

  • ナシ柄

準標準バリエーション

  • シオジ柄

  • パイン柄

  • ダークチェリー柄

※上記以外のステンド粉体鋼板は、オーダーメイドとなります。詳しくはお問い合せください。

※印刷の都合上、写真と実際の商品の色が異なりますので、鋼板サンプルを別途ご用意いたします。詳しくはお問い合せください。

※ステンド粉体鋼板をご採用の際には、鋼板サンプルにてご承認ください。

ぺーパーコアの2倍以上の強度を実現

硬質ウレタン発泡充填

一般的な建具やパネルの内部充填剤として使われるぺーパーコアの代わりに硬質ウレタン発泡充填を使用することで、さらなる耐久性、遮音性、保温性を得ることができます。

また、同じ保温性を持たせるウレタンフォームを接着する方法より、ウレタンが密着するため、丈夫で長持ちします。

安全への取り組み

利用者視点から生まれた各安全機能で、生活の場となる施設の安全性を確保しています。

エッジレスフラット

ケガや服の破れをまねく危険がある扉の明り窓・ガラリ・エッジカバーの出っ張りをなくし従来にない「安全性」を提供。

セーフティ・トー

万が一、足が挟まれてもケガをしにくいように、扉の戸先にセーフティ・トーを取り付けています。

ライトオープン

わずか550gの力で開けることができるので開閉が軽く行えます。子供や高齢者の方などの負担を減らすことができます。

レール耐久性

弊社のシャトルドアは過酷な検査(300万回の開閉テスト)をクリアし、故障も少なく、長く安全に利用いただけます。

こちらもどうぞ! -想い・ご要望を商品という”カタチ”にする-
カタチにする山金工業

Page TOP